巨大地震発生

昨日、直下型地震が都会を襲った

海岸沖の地震では広範囲に揺れて津波の被害が大きいが、直下型地震は震源地(比較的狭い範囲)で建物の被害が大きい

今回はブロック塀の倒壊で幼い子供や老人が亡くなっている

ブロック塀の施工基準を満たしていなかったのが原因のようだ

我々は常に安全安心を第一に考えて仕事しなければならない

平成7年の阪神淡路大震災の際も2か月後に現地に行ったが、周りの建物は殆ど1階が潰れて2階が1階のようになっていた

1階に寝ていて亡くなった人もかなりいた

近年、1回目の本震より2回目の余震が大きく、2回目が本震とされるような地震が多くなった

3.11の時も2日前の3.09に秋田で強い地震があった

熊本地震でも震度7の本震の2日前にも震度7が起きた

「本震の5割以下の余震は、建物への影響は比較的小さいが、本震の7割以上の余震は、建物の傾きを増幅させてしまう」

1回目より大きな地震が来たら倒壊の危険性は大きいのだ

日本が地震大国と云われる所以は・・・

世界には代表的な大きなプレートが7枚あるが、日本列島はそのうち北米プレート、ユーラシアプレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートと実に4枚もの巨大プレートの上に乗っている

Image

何故狭い国土の日本に世界的巨大プレートが集中しているのか?

詳しい意味は分からないが、何か日本が重大な役割を担っている感じはする

震災は忘れた頃にやってくる

非常食や防災グッツは常備しておきたい

 

 

 

ひと手間掛けたら変わる!

現在建築中のS様に無垢のフロアーをサービス

「ラバーウッド」というゴムの木の美しい木目のフロアーを使用

着色はお客様に選んで頂きオーク色に

この着色塗料も環境問題で世界で一番厳しいと言われているドイツ製の「リボス」

ハイハイする赤ちゃんが間違えて床を舐めても安心安全という優れものだ

数日前より本社倉庫で経理部長と経理補佐の奈々子さんで着色作業してくれた

今日は僕も少し手伝った

1枚1枚丁寧に着色していると、この床で家族が笑顔で生活してくれる事が想像でき楽しくなってくる

やはり、既製品のフロアーをただ注文して大工さんに張って頂くより、

一旦手間を掛けて1枚1枚に想いを込めて着色したフロアーが出来上がると全く違うものになる

出来上がりは同じでも、品物に対する想いや愛着は全然変わる

創り手冥利ってなとこですな!

天之御中主様

先週土曜日は現在工事中の上棟式でした

S様は棟梁の娘さんという事で、棟梁も気合が入っています

2年前にS様お母さんの家もお世話になり、大変ありがたく感謝しております

考えてみれば、会社(自宅)近くに多くのお客様が建築して頂いていました

これも多少なりとも信用があればこそではと勝手に自負しております 笑

其々の家族に其々の笑顔があります

天職であるこの建築の仕事を誇りに思い決して天狗にならず謙虚に邁進して参りたいと思います

天之御中主(あまのみなかぬし)という神様の一番上に大宇宙の神様がおります

納税日本一の斉藤ひとりさんも云ってます

天之御中主様 お助けいただき ありがとうございました と天に向かって話してみましょう

苦しい状況が一変してすべてが上手くいきます 「信じない人は信じなくていいですが」

上棟式の棟札をよく見ますと・・・

「奉上棟天之御中主神運長久栄昌守」 と書かれています

僕は信じるタイプですので、その日から状況が一変しました

振り子の原理

5月ももうすぐ終わり6月が始まります

国会中継の討論を見ても、アメフト問題など見ても相変わらず真実は何処???のオンパレードですね

もし閻魔さまがその場に降りてきて嘘ついたら速攻で舌を引き抜くけどいいですか?・・・って待ち構えている中でも嘘を言えるだろうか?

もしそんな度胸のある嘘つきなら、尊敬したいほどだ。

現世はその場で嘘をついても、何のお咎めも損もしない、むしろ嘘を付き通した者の勝ちみたいな社会でさえある

しかしだ、世の中そんな甘くはない!

一時は平安に見えても必ず大きな代償が与えられる

振り子の原理なのだ

嘘を付いたら嘘を付かれる

傷つけたら傷つけられる

褒めたら褒められる

冷たくしたら冷たくされる

優しくしたら優しくされる

悪口を言ったら悪口を言われる

愛したら愛される

のである。

日本海中部地震

5月26日は日本海中部地震から35年経つ。

当時僕は結婚翌年の25歳だった、かみさん23歳、長女2か月 

大曲市の工務店に勤務し、毎日秋田市の現場に向かっていた

お天気が良く何事もない一日になるはずだったが、昼ちょっと前に大きな揺れが・・・

間もなく救急車や消防車がサイレンを鳴らして市内を走る音がした

これは津波が来る  と思った

不幸にして護岸工事中の作業員、釣り人が18人、遠足中の小学生13人など津波の被害に遭ってしまった

津波の最大高さは14m(八峰町)、地震発生から8分後には第1波が到達していた

住宅の耐震化も地震の度に強化されてきているが、今後は耐震と共に制振力を求められると思う

耐震構造は壊れにくいが、揺れて家具家財の崩壊や下敷きの被害も予想される

制振構造は揺れ幅を軽減し震度7を震度4くらいまで抑えることが可能になった

現在の基準法では震度4では建物の崩壊は無いだろう

コンクリート製の電柱が木製の電柱(昔は多かった)より地震で倒れるのは固いから

柳の木のようにしなやかな木はどんな大きな台風にも倒れることは少ない

何事も柳の木のような柔らかで優しい気持ちをもって対応すれば道は開ける

人生の教訓の様ですね

安心と心配

安心と心配

人間の感情は愛と恐れの2通りで出来ているそうだ

愛は安心

恐れは心配

例えばかわいい赤ちゃんの笑顔を見ているときは愛(安心)しか考えない=この時は恐れの感情(心配)はない

逆に心配(恐れ)な事ばかりに捉われていると、潜在意識(無意識)はそのこと(心配な事)を実現化しようとする

潜在意識は善悪の区別がないので、今思っている強い思考(観念)を実現させるのである

その人の好み(食事だったら麺類だったり、音楽ならジャズ系、車ならスポーティ車・・・)

その人の癖や性格(酒癖が良い人と悪い人・心配性や楽天家・潔癖症・・・)

など、今の自分の人生は潜在意識がすべて創っているのだ

今の人生で満足な方は問題ないが、色々と苦労が絶えない、物事がうまくいかない、人間関係で悩んでいる・・・などなど

この潜在意識を変える方法がひとつご紹介しよう

先ず恐れ(心配)の感情がある人は試してほしい

1日に1口たりとも愚痴を言わない!悪口を言わない!日を過ごしてみよう

たとえ奥さんや上司、お客様などに何と言われようと絶対愚痴らない!悪口を言わない!

この積み重ねが出来たら潜在意識は変わり、全く別の世界(すべてが叶う世界)が待っている

だから安心してください!

公平と不公平

社会人に限らず、学生時代から人生は日々競争の世界である

例えば幼稚園に入学したてでも早速運動会で競争が始まる

いつぞや、100m競争は差が出たら不公平で可哀そうとかで、全員が並んでゴールしたという話を聞いたことがある

学校のテストに差が出た不公平だから可哀そうと、全員で100点取るまで授業を進めないようなもの

実にナンセンスである

むしろ不公平とはこの事なのです

公平とは出来る人が1位となり、出来ない人がビリになる事です

社会に出ては仕事が取れる人出来る人が給料沢山貰い、仕事が出来ない人は給料少ない

アメバTVの「会社は学校じゃねえんだよ」見てほしい【すごく感動します】

公平とは差がある事を認めないことではなく

差がある事を認める事なのだ

勉強は苦手だけど走りっこは得意!という子もいる

公平な世界だからやりがいがある

御所野イオンまで徒歩4分 住まいに最適の場所いかが?

もうじき桜も咲く季節となりました

今月中旬頃から開花宣言が始まると思います

満開の見ごろは21日ごろかな~

さて、建築時期も丁度良い季節です

そこでとっておきの土地情報お知らせします「弊社所有地です」

御所野小学校まで徒歩2分、御所の幼稚園まで徒歩1分、御所野イオンまで徒歩4分弱という絶好の住宅地

この辺には200坪単位の大きな区画しかなかったので、欲しくても丁度いい土地が無かったのです

昨年当社で購入した80坪の土地を購入時よりお得な価格でお譲りします

是非、御所野でも特に環境の良い場所に住みたい方、お問い合わせください!

諸行無常

東京では桜満開です!

1か月後の今頃は多分秋田でも満開でしょう!

何故多くの花が存在する中、桜の花が美しいのか?

僕は桜の花の潔さだと思います

開花から1週間ほどで満開となりその後約1週間程度で散り始める

もしその間に強い風が吹いたらもっと短い命となる

正にこの世は【諸行無常】の世界です

「この現実の世界のあらゆる事物は,種々の直接的・間接的原因や条件によってつくりだされたもので,絶えず変化し続け,決して永遠のものではないということ」

羽化してから数時間、長くて1日弱しか生きられないカゲロウはその限られた時間内で必死に交尾相手を探し、子孫に望みを託すそうだ

わずか数時間のために生まれてくる

この世は無常だ

悔いのない人生を送らねば・・・

人間に生まれた事は「神秘」

昨日、専務の第3子 男の子が誕生しました!

母子ともに無事な事が一番です

先ずは10か月間の長きに渡り体調を気にしながら、時には家族のインフルエンザや水疱瘡?など周囲の菌類にも侵されず、無事出産された奈々子さんにご苦労様と言いたいです。

新しい生命の誕生は本当に神秘的だと思います

これだけ大きな赤ちゃんが羊水の中で生きているもんだぁ~と感心しきりです

羊水は海水と殆ど成分が似ているそうです

さて知らなかった真実が・・・

受胎から間もない胎児は、この「羊水」に抱かれ、その中で、わずか10ヶ月の間に、魚類、両生類、爬虫類、そして哺乳類へと進化していく

妊娠2ヵ月頃、胎児の手の指には水かきがあり、長い尻尾も持っている「写真あり」

妊娠4ヶ月:安定期に入る。この時期になると胎児を包んでいた弱アルカリ性の液体「羊水」は、その量を増し様々な衝撃から身を守ってくれるようになる。

妊娠8ヶ月:胎児は皮下脂肪が付き始め、身長36cm、体重1000gに成長している

猫が言った「僕も、途中までは、人間と同じ進化の過程をたどっていたんだけど、途中で枝別れして、虎族の方へ行ってしまった。だけど、人間とは妙に気が合って、一緒に暮らしているんだよ。」