月別アーカイブ: 2019年5月

雲はどんな形も創らない

雲はいろんな形に見える(ように感じる)

自動車だったり、人の顔だったり、草木山川、動物、怪獣、天使、龍、悪魔・・・

でも雲自体は形を創ってはいない

常に変化し、時には大量に、時にはごく少量に、そして消えてはまた出現する

要は見る人の意思(色眼鏡)次第で何かに見えるだけ

現実は何もないのだ

自分の意見は正しい、他は誤りと勝手に決めつけたがるのが人間だ

例えば遅刻してきた社員=悪い人か?

会社に来る途中、見知らぬ人が病気で倒れていたので、病院に連れて行って遅刻したら?

これでも遅刻は悪であろうか?

むしろ遅刻するからと平然と倒れている人を見ぬ振りして出社する人間の方がどうかと思う

そんな冷たい社会になってほしくないなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑の美しさ

新緑の清々しい季節到来です

つい先日まで観桜会などで騒がしい日々が続いておりましたが、桜の華やかさとは違ってこの季節は華やかさより、新緑の芽吹きを感じる緑の美しさが何とも言えません

十和田湖渓流は真っ赤な秋の紅葉が人気ですが、この新緑の渓流風景も引けを取りません

自然が織りなす色合いは人工では作れるものではありません

全てにおいて自然を超える事をしようとするのが慢心の人間達です

自然に逆らわず素直に従うものには自然から受け入れられるのです

おごることなく、謙虚な心で自然の美しさを満喫したいものです